Therapist Circle

セラピストに役立つ情報を発信

舌骨下筋群の構成

2014/1/16

前回で舌骨上筋群の解説が全て終わりました。今回からは舌骨下筋群の解説にうつります。舌骨下筋群は舌骨と体幹を繋ぐ筋肉で、とても重要な筋肉です。また走行が複雑なものもあるので一つ一つを解説する前に、まずは舌骨下筋群を構成する筋肉を解説していきたいと思います。

舌骨下筋群

zekkotukakingun

舌骨下筋群は主に舌骨体部の下方に付着しています。上の図は下顎骨を少し透過させているので、舌骨と舌骨下筋群の位置関係が分かりやすいのではないでしょうか。

zekkotukakingun-16

舌骨下筋群は胸骨舌骨筋、肩甲舌骨筋、甲状舌骨筋、胸骨甲状筋から成る筋肉の総称です。胸骨甲状筋は直接舌骨には付着しませんが、甲状軟骨を介して舌骨と連結する為舌骨下筋群に含まれています。下の図でそれぞれの大まかな走行を確認してみて下さい。

胸骨舌骨筋

kyoukotuzekkotukin

肩甲舌骨筋

kenkouzekkotukin

甲状舌骨筋

koujouzekkotukin

胸骨甲状筋

kyoukotukoujyoukin

まとめ

今回は舌骨下筋群を紹介しました。舌骨上筋群の解説と同様に一つ一つの筋肉の走行や作用は明日から詳細に解説していきます。

- PR -