Therapist Circle

セラピストに役立つ情報を発信

腕橈骨筋の働き

2013/12/19

腕橈骨筋の構造

wantoukotukin

腕橈骨筋は上腕骨の外側上顆から起こり橈骨茎状突起に停止します。支配神経は橈骨神経です。

腕橈骨筋の働き

wantoukotukin-7

腕橈骨筋が収縮すると前腕を回内させます。また肘の屈曲の補助としても作用します。

この筋肉は前腕を解剖学的肢位にしたときに前腕の最も外側にある筋肉で、触診で用意に触れる事ができます。手を使った作業で特に回内回外を繰り返す様な動きをすると、上腕骨の外側上顆に付着している為外側上顆炎の要因ともなる筋肉として知られています。

- PR -