Therapist Circle

セラピストに役立つ情報を発信

短内転筋の働き

2014/3/11

前回の長内転筋に続き、内転筋群の解説です。今回は恥骨と大腿骨に走行する短内転筋の解説です。

短内転筋の構造

tannaitenkin 2

短内転筋は恥骨下枝から起こり、長内転筋と共に大腿骨粗線内側唇に停止します。
支配神経はL2〜L4閉鎖神経です。

短内転筋の作用

tannaitenkin 3

短内転筋が収縮すると、股関節の内転に作用します。また股関節屈曲の補助筋としても働きます。

長内転筋と短内転筋

image

長内転筋と短内転筋の走行はほぼ同じで、長内転筋が表層に、短内転筋がその下を走行しています。
その為この筋肉は単独で触診する事ができません。

- PR -