Therapist Circle

セラピストに役立つ情報を発信

横隔膜の働き

2014/4/3

横隔膜は「筋」という名称はついていませんが、呼吸に関わる重要な膜状の筋肉です。

横隔膜の構造

oukakumaku

横隔膜は腰椎部・胸骨部・肋骨部の3部から起こり、腱膜となって横隔膜の腱中心に停止します。
支配神経は頚神経の枝である横隔神経です。

横隔膜の作用

oukakumaku 2

横隔膜が働くと、横隔膜を下制させ、胸郭を拡大させます。この働きにより胸腔のスペースが増大し、肺が吸気時にたくさんの空気を取り入れることができます。
この働きは特に腹式呼吸時に強くみられます。

- PR -