Therapist Circle

セラピストに役立つ情報を発信

広頚筋の働き

2014/1/24

今回は下顎〜頚部〜胸部と広範囲に付着する広頚筋の解説です。頚部の筋肉の中で最も浅層にある筋肉です。

広頚筋の構造

koukeikin

広頚筋はその名前の通り広く頚部を覆う筋肉です。特徴的なのは他の筋肉とは違いほとんど骨に起始・停止を持たずに筋膜や皮下組織に付着する皮筋です。
広頚筋は胸筋筋膜から起こり、下顎骨の下縁・咬筋筋膜や笑筋・口角下制筋などの筋肉に停止します。支配神経は顔面神経の支配です。

胸部・下顎との連結

koukeikindaikyoukin-21

広頚筋の走行は上の図の様に筋や筋膜を主な付着部分としている為、咬筋や大胸筋上縁あるある胸筋筋膜と密接に関与します。

広頚筋の作用

koukeikin-4

広頚筋が収縮すると口角を下に引き下げます。口角を意識的に引き下げるとその収縮は容易に確認する事ができます。

- PR -