Therapist Circle

セラピストに役立つ情報を発信

肩甲下筋の働き

2013/12/25

肩甲下筋の構造

kenkoukakin

肩甲下筋は肩関節を固定する上で重要な4つの筋肉の一つです。棘上筋・棘下筋・肩甲下筋・小円筋で回旋筋腱板と呼ばれており、自由度が高く関節の構造が不安定な肩関節を肩甲骨に引きつけ固定する役割を果たしています。
肩甲下筋の支配神経は肩甲骨下神経です。

肩甲下筋の走行

kenkoukakinup

肩甲下筋は肩甲骨の肩甲下窩から起こり肩甲骨の小結節に停止します。この筋肉は肩甲骨の裏を走行している為、触診は困難です。しかし腋窩から肩甲骨の内側面を触れ上腕骨を内外旋させるとこの筋肉の下縁が触れその収縮を確認する事ができます。

肩甲下筋の働き

kenkoukakinup-5

肩甲下筋が収縮すると肩関節を内旋させます。また内転にも作用します。他の回旋筋腱板と異なり肩甲骨の裏側から上腕骨の前面に付着する為この働きをする事ができます。
回旋筋腱板の中で唯一上腕骨を前面から固定する筋肉です。他の筋肉に比べると筋の体積が大きいのとも特徴です。

- PR -