Therapist Circle

セラピストに役立つ情報を発信

柔道整復師 – セラピストの手技や資格を紹介 –

2013/12/6

このページはセラピストの為に手技や資格を紹介するページです。随時加筆修正していきます。

柔道整復師とは?

柔道整復師(Judo Therapist)

柔道整復師は厚生労働大臣の認可が必要な国家資格です。この免許を用いる事で骨折・打撲・脱臼・捻挫・挫傷などの施術を行う事ができます。理学療法士と違うのは打撲や捻挫に関しては医師の指示がなくとも柔道整復師が単独で施術する事ができる事です。健康保険も適用されます。

その他病院やクリニックに勤務し、医師の指示の下骨折や脱臼の整復・固定を行う事ができます。しかしこの様に勤務している柔道整復師は近年少なくなり、病院勤務の場合は運動器リハビリテーションセラピストの認定試験を受け、みなしPTとしての業務をする柔道整復師が多い様です。

この場合はあくまでも医師・理学療法士の監督の下となるので、多くは理学療法士の指示を受け施術するという形になります。

柔道整復師は単独で健康保険を使った施術ができる為、病院やクリニックの勤務よりも、接骨院や整骨院を開院する又は勤務する柔道整復師の割合が多くなっています。
接骨院では骨折・打撲・脱臼・捻挫・挫傷に対して温熱療法や固定を行う事ができます。

- PR -